FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

indigo-blue



DSC_0010.jpg





it's time to indigo











DSC_0953.jpg




秋がきたようです


ことしの秋は、

ちょっとしょんぼり…


ホーム喪失の秋でした






DSC_0943.jpg






8月に

急な異動を言い渡されました


異動前後の2ヶ月ほどは

職場への不信や自己否定に陥り

悶々とした

前向きになりきれない日々を過ごしていました


2年間よりそった同僚たちとの別れがさびしく

自分自身への失望も大きく

うなだれた心で向かった異動先は、

生活に困難さを抱えた人たちが集まる

ちょっと特殊な場所でした


スタッフたちは 誰もが明るく

人が好く

わたしは自分が

羊の群れに入れてもらった

シロクマのような気がしています


利用するゲストたちは

みな、行き場所や生き場所がない人たち


アンコントロールな自分の環境や心身と

たたかうことを免れない人たちが

次のステップに向かうための短いブレイクを

われわれの施設で過ごします


壮絶な境遇にある彼らと

日々関わっていたら

だんだん 自分の小さな失望など

どうでもよいことのような気がしてきました


自分もゲストたちと同じ


自分の生活のために

自分のできることを

ちょっと他人の手をかりながら

淡々とやっていくだけ







DSC_0928.jpg








先週 異動後初めての給与明細が届き、

開いたら金額が減っていました


「異動にともない調整手当はなくなりました」と

走り書きのメモが1枚同封されており

2年間仕事をする中で

ご褒美のように少しずつ増えていた昇給分が

空欄になっていました


思わず ふう、とため息が出ました


経営難なのはわかっているので

いくらか給与が減ることも仕方ないのかな、と思います

ただ、事前の説明はあるべきでしょう

内示のときには

待遇は一切 変わりません、と言われていました


もういいや、と

わたしはその給与明細を

ファイルにしまいました


ゲストたちよりは

十分恵まれています


彼らこそ

答えのない思いや不安と

日々 戦っているのです









DSC_0881.jpg







暮れていく空を見ながら

なんだかニュートラル…

不思議な解放感が身を包みます


甘えやおごりが

体から抜けていく感じ

ちょっと

自由な感覚



ここから 

もう一度やりなおそう


自分らしく生きられる場所を

少しずつ 自分でつくっていこう


変わりゆく空の色を眺めながら

日々幸せにむかって努力ができることを

きっと 幸せというのだろう…


どんな地面にいても

自由な気持ちがあれば

目に映る空は

いつも

美しいのだろう







DSC_0003.jpg














[ 2018/09/24 ] diary | TB(-) | CM(2)

こんばんは!

蜜柑さん、こんばんは!
何となく空も心も藍色といったところでしょうか。(^.^;
急な異動とは大変でしたね。働く者にとっては厄介な問題です。
スタッフたちの誰もが明るいというのは良いのかも知れませんが、人生いつそのゲストさんの
立場になるか、ちょっとしたキッカケで運命なんて左右されるものだと思います。
蜜柑さんが前向きになれるようであれば良いですが、給料が下がるのは痛いですね~!(T_T)
ブログで吐き出していきましょう。
面白い写真、ニワトリ人間?すごい招き猫?
[ 2018/10/05 00:07 ] [ 編集 ]

チューリップさん


いつもコメントありがとうございます。

昨日、ライブがありまして、午後から休みを取って
100km走って行ってきました。
田舎の小さなカフェで、
30年間好きなアーティストが目の前で、
じっくりと歌を聴くことができました。

土に埋めて 空にかえす
その隙間で暮らす

という歌詞がありまして
なんだか、心のごちそうをいただいてきました。

件のニワトリやネコは、そのカフェにいます。
[ 2018/10/05 09:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する