FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

通勤路


18765775_1265631280200823_6060128353912449743_l.jpg





人生は 出会いばかり










18699939_1265631303534154_2326996920214816413_o.jpg




通勤路で 花が見られる季節になりました

私が今勤めている職場は

市街地と住宅地の狭間の

お寺や神社が多い地区にあります


バスを降りて数分の道行にも

ちょっと文化的な 人の生活の匂いを感じます

花は 誰かが植えているからそこにある・・・

そんなことを想いながら

時々スマホで写真を撮らせてもらったりします




18766110_1265631236867494_1835888419288585350_n.jpg




どこで仕事をしている時もそうなのですが、

私は「早く出勤する人」です


遅くても 始業の30分前には職場へ着いて

ポットにお湯を入れたり

窓のブラインドを開けたりして

事務所の準備を整え

それが終わると

自分の一日の仕事の段取りを考えます


どの職場でも

同僚たちは後からワイワイやって来て

すでにスタンバイしている私の姿を

物好きだねえ、というように眺めます

彼らにとって

私はちょっと変わっている人なのでした


そういうのが、

この数年の

わたしと 世の中の距離でした





18670898_1265631353534149_4563267043319668105_s.jpg





今の職場では、

わたしが出勤すると

もうスタンバイしている人がいます


彼は文章を書く仕事をしているので

邪魔をしないように 小さく挨拶をして

私はゴミをまとめたり

印刷機のウェイクアップボタンを押したり

ふっちらかっているスリッパを揃えたりして

みんなが来たらすぐに仕事ができるように

事務所の中を整えます


玄関のカーテンは開いているし

電気ポットのお湯は もう沸いています

私よりも「早く来る人」が

やっているのです


私がデスクに戻ると

「早く来る人」はたいてい仕事の手を止めて

話しかけてきます

我々は数分間 とりとめのない話をします


それは 彼が取材をしている

農村の高齢者の素敵な暮らしぶりのことだったり

われわれのボスの無邪気なわがままのことだったり

私のチームの業務の進め方のことだったりします


精神的背景が ちょっと似ているようで

話がツー&カーで通じるので

時々

自分と話しているような 気分になります


始業時間近くなって わいわいガヤガヤ達がやってくると

雑談を止めて 日常の仕事に戻ります


われわれ早出組の合言葉は

「さっさと仕事して、さっさと帰ろう」 です





18698433_1265631340200817_7716554463555156713_r.jpg





昨年、結構がんばっていた仕事を辞めてから

この先 どういうふうに生きていこうかと考えました


今のところの結論としては、

勤め仕事で ある程度収入を得ながら

創作をしていこう・・・


数年後にはそれを自分の仕事として

自由業、になって

なんとか一人分暮らしていけるようになろう、


という なんとも夢見がちなプランができました


しかし、今回の(仮の)職場でも

残業が常態化して 常にばたばたとしていて

私の心身は どうも疲弊気味で

自由業の、「自」もままならない状態が続いていました


「早く来る人」が、私の絵に興味があるようだったので

あまり人に見せない 昔かいたものを読んでもらいました

文章と絵が混在しているような作品で

一応、本の体裁をとっています


「一日だけお借りします」と

律儀に紙袋に入れて 彼はそれを持ち帰りました


彼が仕事で撮る写真や、書く文章を見せてもらったとき

私は 健全な大人の知性と少年のスピリットのようなものを感じました

繊細な感受性やシャープな批判精神を内包しながらも

表現は穏やかで 必要十分な仕事をきちんとしている


「(いろいろあるけど)世界って美しいな」

・・・というような、自然体のクレバーなスピリット


ああいう写真を撮ったり

文章を書いたりする人なら

私の変ちくりんな作品も

ちょっと分かってくれるかもしれない

と、期待がありました


きっちり翌日に

彼は貸した本を戻してきました


そして

「しびれました」

と言いました


「特に、この部分が」

と、指が差していたのは、

きっとこの辺が彼にはツボではないか 

とにらんでいたところでした


「がんばりましょう」と

彼は言いましたので、

「がんばりましょう」と

私も言いました


そうですね、がんばるべきですね、

と、思いました


「自分」の

「しごと」を・・・





18698296_1265631320200819_3479095958505005107_p.jpg

「人生は己の倦怠とのたたかいじゃ、」と、通りすがりのタヌキ氏・・・。





[ 2017/05/28 ] diary | TB(-) | CM(2)

お久しぶりです。
お忙しそうですが、お元気そうで何よりです^^

「早く来る人」・・・ん、蜜柑さんのイメージですね。
通じ合える人がいるというのは、いいものですね。

私には遠いけど~
私はいつも「ギリギリに来る人」のような気がします。
人生いつも「ケツカッチン」かな^^;
[ 2017/05/29 06:12 ] [ 編集 ]

マダムさんへ

ごぶさたしておりました。
…「ギリギリに来る人」。ちょっとカッコいいですね。

早くくる人は 労働力として搾取されがちな気もします。(^^;
早くきた分、早く帰れればサワヤカなんですが。

とりあえず、浮世離れした雑談の時間を楽しむことで、よしとします…。
[ 2017/05/30 20:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する