FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

泣きたい気持ち



人生の舵取りを


心に させては


いけないのかも


しれないのだけれど・・・







DCIM0184.jpg













DCIM0163.jpg





ずいぶん

涼しくなりました。



最近、絶好調、

なのかもしれません。

(・・・仕事関係が。)




仙台に戻ってきてから

協力者と

環境に恵まれて


こうだったらいいな、と

望んでいた方向へ

少しずつ

進んでいるような気がします・・・。


もしかしたら恵まれすぎかもしれないと

思うこともあります。


(・・・仕事関係は。)




羨ましいと、

先日言われました。



行けない方向へ見切りをつけて

次へ次へと

さくさくと進んでいける


「あなたが羨ましい」と・・・









DCIM0166.jpg








「そうではない」

「そんな簡単にふっきれているのではない」

「いつも泣きながら方向転換をしているのだ」と


私は泣き真似をしながら その人に言いました。



その人は

私の大好きな

寂しそうな優しそうな笑顔をして

見送ってくれました。


自分がそんな顔をしていることを

たぶん

知らないと思います。



私はいつも

その人には

自分が感じていることを

何も伝えることができないような

気がします。



会う度

寂しさと

悔いが

帰途に満ちます。



「羨ましい」だなんて・・・




その人のスマホから送られてくる

小さな一言や

一日一個のスタンプに

私が

生きる力をもらっているとは



たぶん

知らないのでしょう・・・。








DCIM0185.jpg






その人からの連絡が

また、ふいに途絶えて


私の心は

月のない夜のように

なりました。



どうしてなのでしょう。


呆れてしまいます。



心が

輝いていないと

物事がどんなにうまくいっていても

幸福ではない。



穴の開いた袋に

一生懸命何かを詰めても

満ちることがないように。




厄介な

生き物ですね。



人というものは。









485375_487507101285158_1853299399_n.jpg








[ 2013/09/08 ] diary | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する