FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

手紙




395412_433511323388765_922047269_n.jpg






アーティストが作った雲


鑑賞の感想は おそらく十人十色














今週、ちょこっと考えこんでしまう出来事がありました


先日ある団体に少額の寄付をしました

もう少し寄付の金額を上げれば手作りのノベルティがもらえるようでしたが

支援したい団体はたくさんあるし 自分にもけして余裕があるわけではないので

最低限の金額を寄付することにしました

応援の気持ちが伝わればそれでいいと思ったのです



今週 その支援先の方からわざわざ御礼状が届き、

手書き文字の封筒に嬉しい気持ちになりながら封を切りました

ところが中の手紙を読み進むうちに 私はなんだか複雑な気持ちになってしまったのです



手紙には仮設団地の方が手作りのお礼の品を製作したくだりが丁寧に書かれており、

最期に「おすそわけです」「ありがとうございました」と笑顔マークが付いていました


ですが、私の封筒にはその「おすそわけ」の品は入っていません

入っていないことは承知だったので構わないのですが、

入っていないものを「どうぞお受け取りください」と言われたことに 複雑な印象が残りました

正直 不快感に近いものでした







305972_475200819188315_1068916209_n.jpg







品物を渡さない人には余計な文章は入れない方が良かったよなあ・・・

自分の他にも このお礼状を読んで複雑な思いをした人がいたんじゃないかなあ・・・

これでは、せっかく出したお礼状が逆効果になってしまうよなあ・・・


手紙を受け取った感想を 相手先に伝えるかどうかを20分くらい悩んで、

今回は黙ってそのお礼状をいただいておくことにしました


相手を応援する気持ちで知らせたつもりでも、平常時のオフィスならともかく

想像もつかない大変な状況から立ち上がってきた一市民である復興者の方々の

気持ちを傷つけてしまう可能性があると思ったからです


手紙の中の皆さんの写真を見ながら、お手紙をありがとう、頑張れ、頑張れと私はもう一度念じました

そうなんです つまり この笑顔を見られただけで良いのです



自分自身の 日頃のおおざっぱな言動についても反省しつつ、

言葉や文章で他人に想いを伝えることの難しさを

じっくり考えるきっかけをくれた一枚の手紙でした








530431_465122333539036_1470461051_n3.jpg



※スマホが不調で撮影した画像がつかえないので、
 Facebookから拾った写真を借りました

 他人の写真の方が気持ちにぴったりくることも ありますね












.
[ 2013/01/27 ] diary | TB(-) | CM(2)

こんばんわ~

この滑り台がとっても可愛い~
日本にも欲しいな。

部屋の中の雲もよいけど^^


きっと「お礼のお手紙」は一種類しか用意が無かったのよね。
うん。
お礼の心を込めてか、礼儀的か判らないけれど、あまり深く考えずに送ったんでしょうね。

蜜柑さんの選択、多分私もそうするだろうと思う。
ちょっと心にチクっと感じながらも、自然にトゲが抜けるのを待つんだろうな~
[ 2013/02/03 22:28 ] [ 編集 ]

マダムさんへ

トゲが抜けるまで待つ・・・かあ。

抜きたくて抜けないトゲもありますね。
でもトゲだと思っていて、ふっと溶けてしまう時もあり

腑に落ちずに引っかかっているものって、つららみたいなものなんでしょうか。
[ 2013/02/16 21:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する